前へ
次へ

不動産売却における専任媒介契約

これから不動産売却を考えている場合には、どのような契約方法が良いか迷うかもしれません。不動産売却にも様々な契約方法があります。不動産売却をするときには一般契約一般的ですが、すべての不動産売却においてその方法が利用されるわけではありません。状況に応じて、不動産売却をしやすい方法を選ぶ必要があります。具体的には、不動産売却の専任媒介契約を利用する方法もあるわけです。不動産売却の専任媒介契約とは、不動産会社が定期的に依頼者に対して報告をしなければならない契約です。この契約方法は、特に急いではいないけども確実に売却したい場合に取り入れる方法の1つです。ある程度高値で売却したい場合は避けた方が良いかもしれません。急ぎで不動産売却したい場合には最適な方法と言えるかもしれません。レインズに登録する必要があるため、いろいろな不動産会社がそれを閲覧することが可能となっています。結果的に、触れやすくなる1面も存在します。

Page Top