前へ
次へ

特定期間に購入した住宅を不動産売却したとき

生活に必要なものとして衣食住があるでしょう。住に関しては買う以外に借りる方法もあり、各家計の事情でいろいろな判断を行います。ただ住まいを買うにあたってはそれなりの費用がかかり、国も購入を支援するためのいろいろな施策を行っています。これにより住宅を買いやすくしてくれているのでしょう。せっかく購入した住宅を不動産売却するときには税金の計算が必要ですが、その時にチェックしておきたいのが特別控除の存在です。不動産売却時に利益が大きく出たとしても特別控除があれば利益を減らせ節税につながります。実は平成21年から平成22年に土地を取得しそれを不動産売却したら一定の控除が受けられます。なぜその期間に取得した土地を不動産売却したら特別控除が受けられるかですが、その期間は世界的な大恐慌があった時期でそれに対応した措置のようです。実際に購入した人はその時のしんどさがわかるでしょうが、購入後時間が経過していると事情を忘れるときもあります。不動産売却をするときには購入時期を把握しておくと良いでしょう。不動産売却による税金が減らせるかもしれません。

Page Top